システム開発|システム開発の流れ

システムの開発から運用までの流れ

開発の流れは、その時々で異なりますが、ここでは、代表的なケースを記載します。

 

(1)お問い合わせ・ヒアリング
まずは打ち合わせを行い、ご要望、ご予算、希望納期、現状の問題点などをおうかがいします。

ya

(2)ご提案
ヒアリングした内容を元に、ご提案書を作成いたします。システムの方針、システム化の範囲、概算見積、スケジュールなどをご提示いたします。

ya

(3)ご契約
ご提案内容についての合意が得られたら、ご契約させていただきます。

ya

(4)仕様書の作成
画面設計書などの作成を行い、システムの具体的なイメージを決定します。

ya

(5)仕様のご承認
仕様について、ご承認をいただきます。

ya

(6)開発
仕様書に基づいて、環境の構築やシステムの開発を行います。状況により、経過報告・レビューなどを行いながら進めます。

ya

(7)テスト
単体テスト、結合テスト、システムテストなどを実施し、問題点を修正していきます。

ya

(8)納品・システム導入
お客様による受入確認を行っていただき、納品となります。

ya

(9)運用・保守
システムの本番稼動後、トラブル対応・運用に関わるご質問やご対応などについて、保守契約を結んだ上で行ってまいります。

 

 

次のページでシステム開発のよくある質問について紹介しています。